あらさばいぶる

サバイバルな日常と戦うアラサー女のバイブル。

モンスターを狩り、痔を狩られた1年だった。

前半は、ゲームでモンスターを狩りまくった。 後半は、痔主だったことが判明し、痔を狩られまくった。 そんな1年だった。 *** 昨年の今ごろ、やっていたことといえば、モンハンしかない。 モンハンというのは、ひたすらにモンスターを狩るゲームのこと。…

就活で失敗したのは、定年まで働ける会社を選ぼうとしたこと

社会人6年目のわたしが、就活で失敗した~と思うこと。 それは、 定年まで働ける会社を選ぼうとしたこと。 つまり、 転職を考えなかったことです。 転職は恥ずかしいこと、選択をまちがえた人がすることだと思っていました。 その考え方こそが恥ずかしいこと…

配属先や異動が決まった人に言ってはいけない言葉

突然ですが、質問です。 目のまえに難易度の高い課題に取り組んでいる人がいるとします。 その人が「難しい、無理かも」と弱音をはいたら、あなたはなんと返答しますか? *** 言葉は人の心を変える わたしの話で恐縮ですが、 6月に結婚式の余興演奏を頼ま…

店員なんてみんな無愛想でいいのに

接客は愛想よくしないといけないという考え方が理解できない。 今まで、 定食屋、居酒屋、バー、カフェ、ガソスタ、レジ、物販店、試食販売 で接客を経験してきたけど、どこで仕事をしても答えはでなかった。 面白いことがあったわけでもないのに、口角をあ…

家庭に逃げる女と仕事に逃げる男

人生とは、生きる理由を探す旅だと思う。 「生きる意味ってなんだろう」とずっと考えてきたけど、『そんなものはない』というのがわたしが行きついた答え。 その『ない』に『理由をつけていく』のが人生。 わかりやすい理由づけとしては、 誰かに必要とされ…

外出自粛要請はコロナを収束させるためにしているのではないと思ってる

「感染が拡大するからGoToを取りやめるべきだ」という意見がありますが、 そもそも日本政府の新型コロナウイルスへの対応は、コロナの収束を目的にしていないと考えています。 できるだけ倒産を防ぐ対応を日本政府は選んでいて、 感染拡大を防ぐことを目的と…

ゴム手袋で手荒れする!そんなときはインナー手袋を使おう

ゴム手袋をつけて仕事をしているみなさん! 長時間ゴム手袋をつけっぱなしにしていると、 手がかゆくなってつらい 汗でべたべたして気持ち悪い ということはないでしょうか。 頻繁につけてはずして・・・をくりかえせばマシにはなりますが、 作業効率が悪い…

衛生指導は初めが肝心!新人の受け入れとルールを変えてすぐが勝負【食品工場の品質管理】

衛生指導って大変ですよね。 従業員全員がちゃんとルールを守ってくれていたら、やらなくていい仕事なので面倒です。 1回の指導で完璧に守ってくれたらいいのですが、そういうわけにもいかず。 根気強くなんども指導しないといけないので、時間が取られるし…

食品工場の検査の仕事って何をするの?【食品工場の品質管理】

品質管理ってどんな仕事をしているの?とよく聞かれます。 クレームがないとすることがないと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。 クレームが起きないように仕事をしています。 防虫や裏面表示(例:栄養成分)の作成など、いろんな種類の仕…

衛生指導でパートさんに上手く注意する方法【食品工場の品質管理】

嫌な仕事上位に食い込むのは、人に指摘する仕事 注意のコツ 便利な言葉 誤解されてしまったり、怒らせてしまったら 事前に告知しておく 結局は、やらないとうまくならない 嫌な仕事上位に食い込むのは、人に指摘する仕事 品質管理に配属されてすぐの頃、いち…

食品工場のパートのおばちゃんって怖いの?

食品工場っておばちゃんが怖いって聞くけど、実際どうなの? その答えは 初めは怖いと思うかもしれないです。 工場では、新人のパートさんが泣いているところをよく見かけます。 泣いてしまう理由は、教える人の口調がきついからです。 おばちゃんの口調がき…

音大卒じゃなくても結婚式で演奏バイトはできる

結婚式場で演奏のアルバイトをやってみたい方向けに、わたしの経験談をお伝えしていきます。 ちなみに、わたしの担当楽器はバイオリンです。 ピアノなどの人気楽器は、この記事の内容が通用するかはわかりませんので、あしからず。 ブライダル演奏は音大卒じ…

GoToはコロナ感染拡大と関係がないと思う それよりもホームパーティーをやめたほうがいい

コロナウイルスの感染例をみると、感染者どうしのかかわりとして「マスクなしで会話をしている」ことがわかってきていますよね。 つまり、感染リスクが高いのは面と向かっての会話ということ。 問題視すべきなのは、人の移動ではなく、 電車やバス、タクシー…

コロナとがんとお義母さんの死

コロナでフォーカスされるのは「高齢者」と「若者」なのはなぜなんだろう。 重症化しやすいのは高齢者だけではないはず。 病気を患っている人も重症化しやすいはずなのに。 ーーー 時はさかのぼって、2019年の10月。 旦那さんのおばあさんのお葬式のときだっ…

つらいときこそポジティブからネガティブに思考を変えよう

みなさんは、つらいことがあったとき 「なんとかなるでしょ」 「そういうこともあるよね」 とポジティブに考えたことはあるでしょうか。 メンタルを健康に保つには、 ポジティブシンキングをするといいという話をよく聞きます が、 ポジティブからネガティブ…

新型コロナウイルスのドライブスルー式PCR検査の流れ ~熱が出てから結果が出るまで~

車でコロナのPCR検査を受けてきたので、一連の流れと内容をお伝えしていきます。 細かい対応は、自治体によって異なる可能性がありますので、ご容赦ください。 まず熱が出たらすること ~コロナ禍での風邪の診察~ 37.5℃の熱が出たので、かかりつけ医に電話…

女だからって女らしく生きなくていいんだよ

女だからって女らしく生きなくていい 男だからって男らしく生きなくていい それ以外の性別だって、そう 私は、女としてこの世に生まれてきました。 いまも女だし、性別を変える予定はありません。 小さい頃から電車遊びやゲームが好きで、おままごとは苦手。…

痔の手術前にやっておいたほうがいいこと アラサー女の痔伝記③

今回、痔の手術を受けて、手術前にやっておけば少しは楽だったのに!と強く思ったことがあります。 それは、この3つ。 注入軟膏を使いこなす 下剤の調整をできるようにしておく ウォシュレットを使っておく 以下、体験談をふまえて、詳しく説明していきます…

大学に行かずにビジネスをやりたいと言っている高校生に言いたいことがある

大学に行かずにビジネスで生きていくという高校生のツイートを見つけて思うことがありました。 周りの人がしていない行動を起こすというのは、勇気がいるし、とてもすばらしいこと。 ただ、大学に行く選択もちゃんと考えてほしいと思うのです。 固定観念を持…

切れ痔の手術を受けました アラサー女の痔伝記②

前回、初診2分ほどで手術宣告を受けたという記事を書きました。 今回は、その続きです。 人によってはおどかす内容になってしまうかもしれないので、怖い思いをしたくない人はここでそっと戻るボタンを押してください。 処置が2回必要だと言われて絶望 なぜ…

痔になりました アラサー女の痔伝記①

人生で初めて、おしりの病院に行きました。 どうやら痔になってしまったようです。 私は、切れ痔といぼ痔(内痔核と外痔核)の合計5つをかくまっていました。 痔の症状や治療は、人によりさまざま。 これから治療を受ける人、いま治療を頑張ってる人の励み…

会社を辞めたいけど、やりたいことがない?やりたいことを見つける方法

「会社辞めたいけど、やりたいことがないんだよね」 これは、数年前に私が思っていたことです。 そして先日、見知らぬギャルが話していたことでもあります。 生きてきた環境が違う人でも、まったく同じことを考えることがあるから不思議ですよね。 そんな私…

「結婚して幸せになりたい」と言っている人に言いたいことがある

はやく結婚して、幸せになりた~い と言ってる人に物申したいことがあります。 結婚のオプションで幸せは付いてきませんよ。 結婚してからも幸せでいたい人はよく考えてほしいことがあります。 何をしているときが幸せ? どうなったら幸せだと思う? 自分の…

アラサー女はつらいよ ~アラサーになって初めて気づいた社会での生きづらさ~

私は、『男はこう、女はこう』と決めつけるのは好きではありません。 正直なことをいうと社会に出るまでは、不遇を嘆く女性に対して『女だからって言い訳するなよ』って思ってました。 でも!アラサーになって、これは嘆きたくもなるわと理解したので、少々…

自己肯定感を高めよう・他人基準の生き方をやめて自分も周りもハッピーになる方法

私はかつて自己肯定感が低く、自ら不幸になる選択をしていました。 自己肯定感が低いと、 『私には価値がないのに、なんでこの人は一緒にいてくれるんだろう。本当の私のことを知ったら嫌われるんじゃないか。』 と、一緒にいてくれている人を騙しているよう…

30歳を目前にして思うこと 年を重ねるたびに輝きたい

私は明日、30歳になります。 30代を迎える準備をしたいと思い、この記事を書くことにしました。 20歳になった頃の私が読んでくれますように。 20代卒業は寂しい 年を重ねれば大人になれるわけではなかった 大人とは、自立している人 1.自分の力でお金を稼…

広がる意識の差「コロナ観」 ~7月の新型コロナウイルスと社会~

7月のコロナウイルスに対する周りの意識について、忘れないように書き残しておきます。 緊急事態宣言前後の人の出 変わるマスクの需要 広がる人の往来と意識の差 体感としては、緊急事態宣言が出る前の3月頃に戻った印象です。 危機意識を持って外出を控えて…

愛犬とお別れしてきました ~死別で立ち直るまでにやること~

しばらくブログの更新が滞ってしまいました。 先日、愛犬が他界してからというもの、更新する気分になれませんでした。 1ヶ月ほど経ち、ようやく普通の生活に戻れてきたので、立ち直るまでにやってよかったことを記録したいと思います。 立ち直るまでにやる…

新型コロナウイルスで変わったこと・変わっていなかったこと

新型コロナウイルスと周りの状況について、6月も忘れないように記録しておこうと思います。 緊急事態宣言が解除され、2ヶ月ぶりに出勤することになりました。 充分なお休み期間だったのに、もっと休みたいなと、残念に思う気持ちも少々。 家にいる間、ほぼ仕…

オーケストラの本番あるある?ハプニング集

待ちに待った演奏会当日。 今まで積み上げてきた成果を存分に発揮したいですよね。 しかし! コンサートの本番では、ハプニングはつきもの。 図太さだけが取り柄な私でも、焦ったエピソードは数知れず。 と、いうことで、私が実際にやらかしたハプニングを紹…