あらさばいぶる

サバイバルな日常と戦うアラサー女のバイブル。

痔の病院を変えたら、治療ミスで再手術になりそう【アラサー女の痔伝記】

f:id:ChiHi:20201009182740j:plain

半年ぶりに痔の治療を再開することにしました。

 

以前のお医者さんとは、治療のテンポ感が合わず、

次に行くときは病院を変えようと決めていました。

 

 

前の医院では、いぼ痔が内側に3つと外側に1つ、切れ痔があると診断されました。

切れ痔は手術を受けて治し、いぼ痔の1つはゴムで縛る方法で取ってもらいました。

 

▽診断内容はこちらで詳しく記事にしています

 

 

残るは、いぼ痔が内側に2つと外側に1つ・・・のはずでした。

しかし、

他の医院では、いぼ痔はゼロで、切れ痔がひどいと診断を受けたのです。

これは衝撃の痔ジツ。

 

 

しかも、ほとんどのいぼ痔(内痔核)は、ゴムで縛る方法で治らないらしいのです。

私は、いったい何を縛られていたのか・・・。

前のお医者さんは、他の人に見えないものが見えていたようです。恐怖。

 

 

 

切れ痔はかなり悪い状態らしく、手術をしたほうがいいと言われてしまいました。

半年前に同じ手術をしたばかりなのに。

まだ、あのときの痛々しい記憶が鮮明に残っているのですが。

 

 

悪いものに変わるわけではないから、

無理に手術をする必要はないと言ってもらい、少し安心。

 

 

あくまで、今回のお医者さんの推測ですが、

いぼ痔がなかったのに無理にゴムで縛ったことで、おしりが切れてしまい、切れ痔が悪化したのでは、ということ。

 

 

 

 

なんということだ!!

 

 

 

たしかに、

前の医院では診察がかなり雑でした。

初診もちょっと触れただけで、「手術でしか治んないね」と言われて。

 

相当ひどいからしっかり診なくても判断できるのかな、

なんてのんきに考えていましたが、あの時からおかしかった。

 

 

説明も雑で「ちょちょっと処置するだけだよ。痛くしないから。」としか言われず。

 

いぼ痔の治療では、「今日はやりたくない」と意思表示をしたのに

「やっぱりやっちゃおう」と無理に輪ゴムをかけられたことで、

精神的に大きなショックを受けました。

 

しかもそれが切れ痔を悪化させたのだとしたら、許せない気持ちにもなってしまいます。

 

 

 

もし、もし、ですよ。

わざと中途半端な手術をして、そのあとに切れ痔を悪化させるような処置をして

通わせる回数を増やそうとしていたのだとしたら・・・と思うとゾッとします。

そんなことを考えてしまう自分にもゾッとしたり・・・。

 

 

 

お医者さんの知識が浅かっただけですよね。さすがに。

と思いたい。

 

肛門だけに校門をくぐるところから学び直してほしいです。

 

 

 

 

この経験から得た教訓は、2つ。

 

1つ目は、

悪意がなくても浅い知識は人を傷つける。

スキルを提供するなら、新しい知識を学び続け、本当に必要なものを提供しないといけない。

最終目標がいかに素晴らしいものでも、その過程で人の心を踏みにじったら台なしになってしまう。

 

反面教師にして自分も同じ道をたどらないよう気をつけなければ、と思いましたね。

 

 

2つ目は、

ホームページが上位表示され、マーケティング力が高くても、医師としてのスキルが高いとは限らない。

新しい病院へ行くときは、必ずいろんなサイトのクチコミを見て吟味する。

特にGoogle マップのクチコミで★1評価が多く、悪いクチコミにいいねがたくさん付いている場合は注意すること。

 

今回は、情報弱者として搾取されてしまった気がします。

下調べをしなかった私にも非があるので、病院に行くときは時間をかけて探すべきだと実感しました。

 

 

 

 

みなさんも病院選びには、気をつけてくださいね。