あらさばいぶる

サバイバルな日常と戦うアラサー女のバイブル。

アラサー女が転職しようと思った理由

この記事を書くにあたって

私が転職を悩み始めたとき「他の人はどういうときに転職を考えるんだろう」と気になりました。

 

社内の人に聞くわけにもいかないので、ネットで参考になるものはないかと検索。

多くヒットするのは、他者の意見の引用やアンケート結果、面接での受け答え。

 

もちろん参考になるのですが、本当に知りたいのは、本人の生のエピソードだったんです。

自分と同じ境遇にいる人を見つけて、共感したかったんですよね。

 

なので、私も転職しようと思った理由について生々しく書き記そうと思いました。

お世話になった会社のことをあまり悪くは言いたくはないので、記事にするかは悩みましたが、誰かの参考になると信じて記事にします。

 

 

 

 

私が転職しようと思った理由

私が転職しようと思った理由を簡潔に言うと、

このまま30歳になったら、20歳の時の自分と何も変わらないという焦りがあったから

です。

 

私が働く目的は、自己の成長にありました。

それが叶いそうになかったため、鞍を替えてみようと思ったわけです。

 

私の言う成長とは具体的に何かというと、

・新しいことに挑戦して、失敗から学んでいく

・成功経験を重ねて、自信にする

 

失敗も成功もたくさんしたいという欲張りなタイプだったため、とにかく新しいこと・難しいことをたくさん経験したかったのです。

 

 

私の仕事環境

私は、考えを理解してくれるいい上司に恵まれました。

こんなことがしたいと言えば、一言で「やっていいよ」と返してくれる強くて優しい上司でした。

 

 

でも、そんな私の前に立ちはだかった人がいました。

同じ上司についていた先輩です。

 

 

先輩は、年功序列の考えが強い人で、後輩が自分より評価されることを恐れているようでした。

出世欲が強いくせに、とにかく仕事をしないところがやっかいでした。

 

 

先輩は、自分が任されている仕事を全部私に押しつけ、なおかつ、自分がやったと上司に報告していました。

 

私には出世したい気持ちはもちろんありますが、最終目標は自分の成長なので、まあいいかと容認していました。

しかし、私が何も言い返さないのをいいことに、モラハラな言動がエスカレート。

耐えきれず上司に事実をすべて打ち明けました。

 

 

それからは、仕事を全部押しつけられることはなくなったものの、アピールしやすい目立つ仕事は先輩に横取りされるように。

 

つまり、私は、誰からも評価されない地味な雑務ばかり。

 

雑務以外にも時間を見つけて専門スキルを勉強したり、今まで誰もやってこなかった仕事を見つけたりして、自己鍛錬してはいたのですが、雑務の量が半端じゃありませんでした。

 

 

残業をすれば、スキルアップの時間も取れたのですが、そこまでするのもあほらしく。

その頃には、趣味で自分の存在意義を見出していたため、はやく家に帰って楽器の練習などしたかったのです。

 

 

2年目までは、目の前の仕事をがむしゃらにしていたため、自分と先輩の世界しか見えていませんでした。

 

しかし、3年目、4年目と経験して周りが見えるようになっていくうちにあることに気付きます。

 

 

 

 

 

会社がモラハラ人間を作っている 

数年経てば、後輩が増え、仕事のことで相談を受けることが増えました。

なんとあろうことか、仕事を押し付けられたり、モラハラを受けたりと、私と同じ経験をしている後輩が多いのです。

これは、例の私の先輩からではなく、他の部署、他の工場でもです。

 

日本の企業はどこでもそうなのかと思い、大学の友人やセミナーで出会った同業他社の人に聞いても、そのようなことはなさそう。

 

 

 

そして、1つの仮説に行きついてしまいます。

『会社が、働かないモラハラ人間を作っているのではないか』

 

 

会社の問題 

私が働いていた会社には、問題が2つありました。

 

 

1つ目は、従業員を管理できていないこと。

2つ目は、社長や偉い人に媚を売れば出世できる仕組みだったことです。

 

 

 

会社では、仕事に対する従業員数が明らかに足りていませんでした。

 

 

忙しすぎて、上司は部下が何をしているか把握できていなかったですし、部下も上司が何をしているのか把握できていませんでした。

さぼっていても、誰かに仕事を押しつけてもうまく言いくるめれば、当事者以外には分からないということですね。

 

私もそうだったのですが、上司と部下の勤務地が県をまたぐということもありました。

連絡手段は電話とメールのやりとりのみで、すぐに連絡がつかないこともしばしば。

ふだんの仕事が見えない分、実際はちがっても、自分がやったといえばそうなるみたいなところがありました。

 

 

上司だけでなく、周りの人たちも評価をする制度だったら嘘をつけなくなると思うんですよね。

表向きでしか管理されていない環境が働かない人たちを生みだしていたんです。

 

 

 

 

さらによくないところは、立場の弱い人を精神的に追い詰めたり、孤立させたりする人が一定数いたことでした。

 

 

いじめている本人に悪気はなく、いじられキャラの人たちをいじるような感じの人もいたのですが、明らかに行き過ぎでした。

しかし、上の人に気にいられた人が速く出世する会社だったので、誰もそのことをやりすぎだとは指摘しません。

上の人も自分がいじめをしているだなんて気づかないですし、なんなら、相手は喜んでるくらいに認識しているようにも見えました。

 

 

 

精神的に追い詰められた人は、会社を辞めていきましたが、

いじめを耐え抜いた人は、今度は他の立場の弱い人にいじめをする、この連鎖が起こってしまっていました。

 

 

まともに仕事をせずに役職がついた人たちは、仕事の成果で認めてもらう自信がなくて、いじめでしか権威を保てなかったのでしょうね。

 

 

 

 

本来ならば、仕事が忙しくていじめなんてしている時間はないはず。

仕事をだれかに押しつけている分の時間を持て余しているので、いじめにあてていたというのもあるでしょう。 

 

 

『管理体制が不十分な環境』と『媚を売れば出世できる仕組み』が合わさって、働かないモラハラ人間をつくりだしていました。

 

 

 

管理職の人たちが敵に

次に私の前に立ちはだかったのは、管理職の人たちでした。

 

 

私は、改ざんや誤魔化しが許せないのですが、品質管理という仕事柄、一番触れてしまう部署でした。

 

そこで、管理職の人たちがその場しのぎで回答をしていることに違和感を覚えます。

 

私が負けてしまうと、誤魔化しのデータが表面に出てしまいます。取引先に嘘をつくのは嫌でした。

しかし、訂正をしようとすると遮られました。自信があるわけではなかったので、自分の意見を押し通すことはできませんでした。

 

あとで個人的に質問すると、「そんなことは言わなくていいんだよ」と言われる始末。

理由を聞いても「まあまあ」と返されるだけ。

 

その後、社内のミーティングで意見を言っても、聞こえないふりをされることもありました。

彼らは、とにかく現状維持をしたいようで、仕事を増やしたくなかったんだと思います。

 

管理職の意識がその程度だったのかとショックを受けたのと同時に、

人が足りておらず、従業員たちはストレス過多の状態で働いていることもよく知っていたので、それ以上は何も言えなくなりました。

 

 

 

人事部長に掛け合っても、なかなか従業員を増やしてはもらえず、事業だけはどんどん拡大していき、現場の人手不足は本当に深刻でした。

 

私自身、致命的なこと以外は、見て見ぬ振りをすることも出てきてしまいました。

自分の気持ちを押し殺しすぎて、ある時から自分が何を考えているのか分からなくなってしまいました。

 

そして、仕事以外でも、楽しいとも辛いとも感じなくなっていきました。

 

 

 

自分を取り戻したい 

私は、自分が自分ではなくなる感覚に陥っていて、上から自分のことを見ているような感じで毎日を過ごしていました。

完全に中身が空っぽでした。

 

 

ある日ふと、社会人になるまではいろんなことを考えて経験して、自分の意見も持っていて、そんな自分のことが好きだったな、なんて思い出しました。

 

 

社会人になったら、この有り様か。成長するどころか退化したな。

なんでこうなってしまったんだろう。

 

このまま30歳になるのは、まずい。

 

まずは、自分の個性や好きなことを思い出そう。

 

 

そこで、私は就活の時に使っていた自己分析ノートを引っ張り出してきました。

そこには、自分のやりたいこと・好きなことがたくさん書き込まれていました。

 

 

 

 

原点に返る 

私は、新しいものを作りたくて、メーカーの開発・研究職をしたいと思っていました。

しかし、配属は品質管理。品質管理でも、新しいものは作れると頑張ってきました。

 

しかし、部署を細分化できるほどの従業員がいないため、業務範囲が幅広く、全分野のスキルが中途半端になってしまっていること。

雑務が多くて、本来の仕事に集中できないことなど、業務時間外でしかスキルアップの時間を取れませんでした。

 

それに、挑戦を謳う会社だったから入社したのに、声を上げにくい環境で、あまり新しいもの・考えが歓迎される雰囲気ではない。

従業員たちも他人任せでまったくやる気はない。

管理職のモラルもないし、それが若い人にも伝染している。

 

 

会社の一員として働くなら、前向きに挑戦していく従業員と働きたいと心が叫んでいました。

本当はこの会社でも、志がある人はいたんです。

だけど、日付が変わるまでに家に帰れるかもわからないのに、これ以上仕事を増やしたくはないですよね。

従業員が倍に増えない限りは解決されない問題だなと思いました。

それどころか、いまの従業員数でどんどん事業を拡大しています。

従業員たちがさらに疲弊し、保守的になることは、4年間の在籍でも十分にわかりました。

 

 

 

会社は事業拡大で挑戦しているかもしれないけど、

結局は自分が挑戦できなければ、成長なんてできない。  

 

お世話になっている上司や当てにしてくれていた後輩たちには、本当に申し訳ないけど、このまま悩み続けるくらいなら、辞めよう。

 

 

そう思って、転職活動をすることに。

転職活動を始めてみると、今まで本当に狭い世界で生きていたことに気付かされました。

 

転職したとしても、結局はどこも同じかもしれないと思っていたからです。

 

 

転職活動で、いろんな企業の方とお話をしました。

アドバイスもいただいて、これからの人生の選択肢が増えました。 

 

 

 

 

ーーー

 

私のように迷っている人がいれば、転職活動をしてみるのは本当におすすめです。

 

活動したところで、会社を辞めないといけないわけではないですし、

本当に今のままでいいのかと考えたときに他の会社と比較できるとスッキリする部分もあるでしょう。

よく使う言葉も会社によって全然ちがって、本当に会社によって価値観がちがうんだと実感しました。

 

いま在籍しているところも含め、自分の価値観に合う会社を見つけていきたいですね。

 

 

ちなみに私は転職エージェントを使って転職活動をしていました。

私の悩みがキャリアアドバイザーによって次々と言語化されていき、パァーっともやがはれるように明るくなっていったのがわかりましたね。

 

私は6ヶ月転職活動をしたあと、しばらくアルバイトで働くことにしたので、転職活動をやめました。

それをおそるおそる担当エージェントさんにお話ししたら「めっちゃいいじゃないですか!」と背中を押してくれました。

 

無理に転職をすすめられるわけではなく、いまの悩みに寄り添ってもらえるので、

エージェントを使ってみるのもおすすめです。

 

いくつか登録したなかで、いちばん個人と真摯(しんし)に向き合ってくれていたと思った転職エージェントさんのリンクを貼っておきますね。

▽doda 

転職サイトはdoda

 

あなたにとっていい仕事が見つかりますように。