あらさばいぶる

サバイバルな日常と戦うアラサー女のバイブル。

「結婚して幸せになりたい」と言っている人に言いたいことがある

f:id:ChiHi:20200909113342j:plain

 

はやく結婚して、幸せになりた~い

 

と言ってる人に物申したいことがあります。

 

 

 

 

 

結婚のオプションで幸せは付いてきませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

結婚してからも幸せでいたい人はよく考えてほしいことがあります。

  • 何をしているときが幸せ?

  • どうなったら幸せだと思う?

  • 自分の自由なお金の使い方、時間の使い方ができなくなっても幸せって言える?

 

 

 

結婚したら失うこともたくさんあるんですよ。

  • 夏フェスや飲み会に行けなくなるなど、自分の好きな事に時間とお金を割けなくなったり

  • 外出しづらいので、友達が減ったり

  • いつ仕事をやめてもおかしくないと思われて、出世しにくくなったりします

 

 

 

▽結婚して働きにくくなった経験談を知りたい方は、こちらからどうぞ

 

それでも結婚を急いだほうが幸せになれると思うならしてください。

 

 

 

 

 

もう一つ言いたいことがあります。

『幸せになってから結婚しないと不幸になるよ』

ということ。

 

 

理由は、自分を不幸にする相手を選んでしまうからです。

 

 

相手選びを間違えないためには、自己肯定感を上げることが大切

自己肯定感が低いと、幸せになってはいけないという呪いを自分にかけて、幸せになれない方の選択を気づかないうちにしてしまうのです。

 

 

 

例えば、平気で傷つけてくるような相手でも許してしまい、関係を切れないとかですね。

 

 

 

あなたは幸せになってもいい。もっと幸せになるべき人間なんだと気づいてほしい。

自分を認めることができなければ、この先ずっと幸せにはなれませんよ。

 

 

 

▽自己肯定感を高めて、幸せになりたい人はこの記事を読んでみてください


 

 

 

 

結婚することで幸せになれないのだとしたら、じゃあ、なんで人は結婚するのかって?

 

 

 

結婚は自分が幸せになるためにするのではなく、結婚相手や家族を幸せにするためにするものなんですよ。

これは男女関係なくです。

 

 

せっかく結婚しても、3組に1組が離婚しているのが実状です。

 

ただ漠然と結婚したいと思うのでなく、自分の人生をかけても幸せにしたいと思う人が現れたときに、結婚を考えるといいのではないでしょうか。

 

 

結婚したら幸せになれると思っている人は、自分の人生を他人任せにするのはもうやめましょう。