あらさばいぶる

サバイバルな日常と戦うアラサー女のバイブル。

1日何もしなかったことを嘆かなくていい理由

1日何もしなかった

と罪悪感にさいなまれることがあると思います。

 

でもね、

1日何もしなかったのは、体が何もしたくないからなんです。

 

体に疲れがたまっている

あるいは、風邪の兆候があると

体は休みたがるもの。

 

そんなときは思いっきり体を甘やかして、

充電が満タンになってから動いたほうが

長い目で見たときに得るものは大きいです。

 

何もしなかったのは、ナマケモノだからではありません。

体が何もしたくないのは、日々がんばっている証拠。

 

 

日々がんばっている人ほど、何もしないのは勇気のいること。

何かしなくては、前進しなくてはと思ってしまう。

 

ですが、

時には、何もしないをがんばることも必要なのです。

 

 

だから、

1日何もしなかったあなたは偉い。

 

今日も私たちはよくがんばった。