あらさばいぶる

サバイバルな日常と戦うアラサー女のバイブル。

No.001 ソレオレ詐欺マン【モンスター社員図鑑】

モンスター社員図鑑

モンスター社員についての記録です。

 

No.001 ソレオレ詐欺マン

〜 キミのものはオレのもの、ソレがオレさ 〜

 

f:id:ChiHi:20200323231233j:plain



 

 

 

生態・特徴

自分がやった仕事じゃないのに「ソレ、オレがやったんですよ」とアピールして評価を得ようとする。

自分がやった仕事のミスに対しては「ソレ、オレじゃないです」と言うことも。

 

基本的には仕事をしないが、本人は仕事をしているつもり。

 

アピール上手なので、上の立場の人にかわいがられている。

自分より評価されるのを恐れ、後輩や部下を孤立させようと悪口を言って回る特徴もある。

 

自慢話が好き。

 

評価を得るためには手段を選ばない。

 

 

 

対処法

仕返しをするのではなく、
自分の価値をしかるべき人に認めてもらう必要がある。
 
1.やる前に「自分がやります」と言う
誰がやるか曖昧な仕事は、やる前に「この仕事は私がおこなってもいいでしょうか」と確認してみる。
自分が担当になれなかったとしても責任の所在をハッキリさせておくことが大切。
「今回は、ソレオレさんに任せようと思ってた」と断られた場合に、仕事を押しつけられなくなるからだ。
 
2.定期報告をはさむ
上司に定期的に報告のタイミングをとってもらい、進捗状況の中間報告をするといい。
誰がどの仕事をしているか、過程はごまかせないため、おすすめ。
 
3.成果をまとめて、メールで報告する
手柄を横取りしている人は、記憶がゆがんでおり、本当に自分がやったと思いこんでいる。
そんなときに効果的なのが、メールで報告すること。
もちろんメールのcc.には上司の連絡先も入れるのを忘れずに。
 
4.「私の提案をお話してくださって、ありがとうございます。」
こちらが話した案を自分が思いついたかのように話すのもソレオレの特徴。
彼らは、誰かの案を盗んだ意識はないため、隣に案を出した人がいても関係なく報告を行う。
 
そんなときは、
「私の提案(仕事の成果)をお話してくださって、ありがとうございます。」
と、ちゃんと言うようにしよう。
ソレオレは何も言えなくなるはずだ。

 

 

 

ソレオレ詐欺をする人は、自己愛性人格障害かも

人の手柄を横取りするのは、自己愛性人格障害の可能性がある。

特に下に見ている人を物としてしか扱わないため、一緒に仕事をしていても失うものしかない。

異動を希望するか転職するのも手。

 

ソレオレ詐欺マンのせいで、こちらが環境を変えないといけないのは気分が良くないかもしれないが、

1日8時間、1ヶ月160時間、1年で1920時間の長く貴重な時間を無駄にしないようにしよう。

 

 

 

 

 

ソレオレはやめよう

手柄を横取りするのは楽でいいですよね。

評価もされるでしょう。

言ってしまえば、要領のいいやり方なのかもしれません。

 

ただ、後輩からは信頼されないでしょうね。

結局、人がついてこなければ人の上には立てないんです。 

ちゃんと出世したいなら、自分で動いて評価をされるようにならないといけませんよね。

何のために出世したいのかよく考えて行動していきたいものです。